♡Heart to Heart♡

イングリッシュブルドッグの成長記録。

2017-12-22-Fri-06:13

生後679日

去年の今頃は散歩デビュをして
少しダケ外に慣れて歩ける様になった頃。

臆病でビビリなトトチャンは
人やワンコに遭遇すると私の股の間に逃げ込んで
直ぐに "ママ、抱っこして~" って。(笑)

それでも一緒に歩ける様になったのが嬉しくて、、、

同時に、その歩様に違和感を感じ
不安が渦を巻いて行ったのでした。

現在、散歩は排泄目的で自宅周辺を歩くのみ。

と言うか歩くよりもクンカクンカしてる方が多いかな。(笑)
時間にしたら5分程度の短いモノです。

最近は調子が良いのか小走りもするし
思い切り足を上げてオシッコも出来ます。
オシッコ後は後方へ蹴り上げたり、、(≧▽≦)

まぁ正常に歩く事が出来る仔と比べたら
上記は何でもない当たり前の事なんですが、、、
でもトトチャンには凄い事なんです。

IMG_20171219_172309 - コピー

油断は出来ないし過信もしてません。

だけど何時か又ゆっくりでも、、、
散歩が出来る様になったら嬉しいですね。(*˘︶˘*).。.:*★


2017-12-09-Sat-19:03

生後666日

1月に馬尾症候群の疑いと言われてから
病院で勧められて "コセクイン" と言うサプメントを飲ませてますが、、、

170121_175135.jpg

此の度、新たな物をプラスしました。

IMG_20171209_113430.jpg

*アンチノール

元々はFBのフレンチブルドッグのグループで
ブル兄のワン友サンから教えて頂いたものです。

皮膚、被毛の他、関節系にも有効と知って
トトチャンにも試してみようと思いました。

IMG_20171207_172032 - コピー

効果が出ると良いですね。
期待したいです。(*•̀ᴗ•́*)و ̑̑


2017-12-03-Sun-19:03

生後660日

常々言ってるトトチャンの耳の汚れ。
二日も拭かないと大変な事になります。

IMG_20171203_103146.jpg

※観覧注意!ヒィィィ!(゚Д゚||) (||゚Д゚)ヒィィィ!

一日置きでコンナ感じです。

暴れるので完全に綺麗に拭けないので
毎回、拭き残してるせいもありますが、、、

でもチョット病的レベル?:(;゙゚''ω゚''):

鼻がひん曲がる程すっごい臭い訳じゃないけど
トトチャン臭って言うのかな。ソレはあります。

IMG_20171203_103419.jpg

プー兄は夏場限定で何時も片耳ダケが
コンナ感じなりますが
秋~冬になり今はもう治まりました。

しかしトトチャンの場合は治まる様子がありません。
ヤバイかなぁ、、、(´‐`;;;;;;;;;;;;;;;;;;;)激汗


2017-11-11-Sat-20:00

生後638日・疑いのある疾患について

今日はトトチャンの疾患について少し書きたいと思います。

疾患、、、そうは言っても現時点では疑いで
ハッキリとした病名は判っていないのが現状です。

先ず内科的な問題としては "門脈シャント" の疑いです。

トトチャンは時折、局部からの出血があるのですが
それが結晶により尿管に傷がつく…との事が判りました。
唯、問題は結晶のタイプが通常では見られないモノで
検査で判った "尿酸アンモニウム" と言うタイプは
門脈シャントの仔に併発される代表的な結晶でした。
※例外としてダルメシアンは疾患に関わらず
  此のタイプの結晶が出来る犬種です。

でも此れについては?と言う疑問があります。

先ずシャント特有の発育不全や食が細いと言う事がありません。
そして痙攣や失神などと言う発作も全くありません。
しかし結晶がある事は確かなので
先天的な代謝異常なのでは…と言うのが現在の見解です。

そして今、一番不安なのが外科的な問題で
"馬尾症候群" の疑いです。

1月の検査で頸椎と腰椎に奇形箇所がある事は判りました。
唯、フレンチブルドッグやイングリッシュブルドッグなどの
ブル系は犬種的に98%が奇形なので
その事自体にショックはなかったのですが、、、
トトチャンの場合はパピコ時代から歩様が可笑しいと言う
一抹の不安がありまして
不安通り腰椎の奇形と合致するのでは?との事です。
そしてそれは股関節脱臼や靭帯断裂と言う
いわゆる痛みを伴う疾患とは異なり
麻痺や痺れなどを引き起こす疾患の様です。

1月の時点で将来、歩行困難になる可能性も言われました。
唯、馬尾症候群は圧倒的にシニアに発症する疾患で
1歳未満のトトチャンが果たして本当に此の病気なのか、、、
経過観察して行かなければ判らないのが結果でした。
因みに疑いのある疾患の場合、一番有効なのは手術との事ですが
症状によっては対処療法で回避する事も可能な様です。

その後、麻痺の様な症状が出て
一時的に立てなくなる事もありますが
直ぐに復活して日常生活に支障がないので
再診や再検査などを行っていません。

現在は散歩も排泄のみで遠出もしません。
オフ会に参加したりランデビュするのも夢の事です。
正直、今はトトチャンにとって何が一番良い事なのか
判りかねてるのが現状と言った感じです。

唯、私の想いと言うか願いと言うのは
トトチャンに苦痛が無い事を一番に祈る事です。

何だか、まとまりの無い文章になってしまいましたが、、、

私の拙い育児日記を読んで
自身の体験談を話して下さったりアドバイスを下さったり
少なからずトトを想って下さる方が居る事が判りました。
そしてそれは独りで悶々と考えてると凹んでしまう私にとって
何にも変えがたい大きなパワーであります。

今後もクリアして行かなければならない問題は多々ありますが
ご一緒に成長を見守って頂けたらと思ってます。.:*:・'

・:,。☆(*'ー')/♪ぁ.*゚::リ.。:が..と*.ぅ゚:..。・:・゚


2017-10-13-Fri-05:53

生後609日

昨日の昼間、冷房を入れてたのが
夜半から朝方にかけて一気に気温が下がりましたね。

暫くは気温の低い日々が続くのだとか。

トトチャンの後肢の様子ですが、、、
まだ引きずってます。
とは言っても昨日よりは大分良くなり
地に着ける様には戻りました。

でもまだヒョコヒョコとビッコです。

明日になっても此のままだったら
念の為、掛かりつけの獣医に診て貰おうと思ってますが
恐らく検査しないと原因の究明は難しいんでしょうね。

IMG_20171012_173358 - コピー

昨日は何度もマッサージしてました。

伸ばしたり縮めたりしても
暴れたり嫌がる反応はないので
痛みと言うより麻痺とか痺れなのかなって
ソンナ気がします。(´;ェ;`)


HOME NEXT