♡Heart to Heart♡

イングリッシュブルドッグの成長記録。

2017-03-25-Sat-13:00

生後407日

昨日の朝の事。床に点々と血の跡を発見。(゚Д゚;)‼‼

えっ!又オチンチンから出血?
此の所、治まってたのにぃ…と急いでお股を確認。
オチンチンを触るも出血してる形跡無し。(;・∀・)?

ふとオケツプリプリのトトチャンの顔を見ると顎から血が、、、
工エエェ(゚〇゚;) ェエエ工

そういや少し前、プー兄と揉めてました。
ヒャンヒャン騒いでたんですよね。

小競り合いで歯が当たったのかな。
ね、プー兄が少し本気になれば直ぐにコレです。(;´д`)トホホ

Leopon&Atom

先代犬のアトム王子は先住だった猫のLeoponが大好きでした。

メインクーンと言う大型の描種で猫にしちゃ大きな身体。
此のお二方、大の仲良しで良くアトム王子が泣かされてました。(笑)

実はLeoponは凄く気難しい性格で私以外の者は全てNG。
とても警戒心が強く恐らく生涯で心を許したのは
私とアトム王子ダケじゃないでしょうか。ソンナ仔でした。

だから最初はアトム王子の事も嫌がってたんです。
突然、家族になった仔犬。
Leoponには鬱陶しい存在でしかないですよね。

でもアトム王子はLeoponが大好きで
どれだけ猫パンチを喰らっても傍へ行きます。
威嚇しても怒られても決して離れません。

一度、Leoponが体調を崩した時があったんですけど
クレートから出て来ないんですよ。添い寝してたんです。(笑)
それからでしょうか…段々とLeoponが心を開いて行ったのは。

プー兄とトトチャンを見てると
何となくLeoponとアトム王子を思い出します。

勿論、アトム王子はトトチャンの様にヤンチャじゃないし
チョッカイを出すなんて事ありませんでしたが
"何時も傍にいたい" ソンナ所が重なるんですよ。

当たり前の事ですがワンコも相性ってあるんですね。

因みにLeoponとアトム王子も共に♂です。
プー兄とトトチャンと一緒です。

170322_172610.jpg

※オチンチンからの出血じゃないと
 ホっとしたのも束の間。
 昨日の夕方(3月24日)
ほんの少し出血がありました。(´;ェ;`)


2017-02-02-Thu-06:15

生後356日

今回、トトチャンの "病気の疑い" については
正直、痛い目に遭いましたが、、、
色々と考えていて思い出した事があります。

091004_150121.jpg

そう言えば先代犬のアトム王子も若年齢だった頃に
『僧房弁閉鎖不全症』 と誤診された事がありました。

心臓に聞こえるか聞こえないかの
本当に僅かな雑音があったんですね。

後になってソレは大学病院の検査で
生まれつきのモノと判ったのですが
当時、近所の動物病院で変な薬を処方され
具合が悪くなってしまったんです。

此の時は義姉が通ってた病院の院長が日獣の先生で
診断結果を疑問に思い大学病院を紹介して下さり
何でもない事が判りました。

やっぱり結果に納得出来なかったり
?と感じる点があった場合は
他の病院に変えてみる事も必要ですね。

170131_171909.jpg

170131_171916.jpg

取り敢えず、今朝も吐き気はありません。
出血も止まってます。


2016-06-16-Thu-08:36

生後125日

トトチャン、昨夜二度目の犬部屋ネンネ。(-_-)_zzz
朝まで無事にオヤスミナサイでした。

もう犬部屋のケージで寝た方が良いのかな。

現在は夜だけ私の部屋にあるケージで寝てるんですけど
最近、夜勤から帰宅して夜食を食べさせると
そのまま兄貴達と遊んでるんですよね。(;´∀`)

トトチャンは親離れが早いかなぁ。最近そう思います。
今じゃ甘えん坊で夜鳴きが激しく家に居る時は
片時も離れず抱いていたのが嘘みたいです。(笑)

溺愛傾向が強く依存体質な母に対し甘えん坊のトトチャン。

此のままで行ったらアトム王子の二の舞になる!
当初は心配しましたが、、、
意外や意外!彼の自立心の凄い事っ!

atom LOVE

母の溺愛の賜物、ビション軍団の長・アトム王子。

彼は分離不安症でした。(;´・ω・)アセアセ
"チョット待ってて" なんて自宅前の自販機にも一人じゃ行けず。
トイレや、お風呂はオープンザドア。(滝汗)
何時でも何処でも一緒でした。

でも此れは、ある意味とても可哀想な事なんですよね。
今では間違った育て方をしてしまったと深く反省してます。(´;ェ;`)

当時は家業を手伝っていたし
何かあった時に頼れる父も健在でしたので
分離不安になったアトム王子の傍にずっと居ましたが
現在は勤めに出てるので留守番もして貰わなければならないし
常に一緒に居る訳には行きません。

それに例えば此の先、緊急事態など
万が一、私と離れる時もあるかも判りません。

そう言う事を考えると少々、寂しく感じても
一日も早く自立して貰うのが
トトチャンにとってもは一番良い事なんですよね。

160615_091211.jpg

今は何時もプー兄の傍に居て
遊び疲れると一緒に寝てます。(笑)

男♂・4ワンの同居は大変だけど
その分、賑やかで楽しいし時間も一杯です。

有難う、息子達、、、(*˘︶˘*).。.:*★


HOME